K2HD MASTERING(ケー・ツー・エッチ・ディー・マスタリング)は、マスタリングエンジニアの感性・ 経験による音・音楽づくりとK2HD技術が融合した、高次元マスタリングシステムです。

>> K2HD MASTERINGの詳細
>> マスタリングエンジニア(FLAIR)の詳細

K2HD技術は2つの動作をします。
~K2HD PROCESSING(ケー・ツー・エッチ・ディー・プロセッシング)では、デジタルデータの下位フォーマット(32kHz)から最大で192kHz/24bitまでの上位フォーマットに拡大・伸張が可能です。
例えば、アナログテープのマスター素材からCDマスターを制作した場合、CDフォーマットでは20 kHz以上はカットされてしまいます。K2HD PROCESSINGでは、その欠落してしまった高周波成分を、アナログマスターとほぼ同様に再現します。
CDマスター(44.1kHz/16bit)しか無い楽曲でも、ハイレゾ対応(192kHz/24bit、96kHz/24bit等)が可能となり、既存音源の有効活用にも効果を発揮します。
K2HD PROCESSING 各音楽信号のスペクトラム
K2HD CODING
~K2HD CODING(ケー・ツー・エッチ・ディー・コーディング)では、デジタルデータの最大で192kHz/24bitまでの上位フォーマット音楽情報を、最低44.1kHz/16bitの下位フォーマットに収めることが可能です。
例えば、既存のCDでも最大で192kHz/24bitスペックの分解能や解像力の音楽的な表現力が十分に可能になります。
これまでにビクターエンタテインメントを中心にアジア圏を中心とした海外も含め、このK2HD CODING技術で制作されたCDが、1000枚以上リリースされ、高い評価を得ています。
K2HD CODING
K2HD処理のフロー K2HD PROCESSOR