プロフィール

【CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU / BOYS TOWN GANG】
 サンフランシスコを代表するダンス・ミュージック専門レーベル、モビー・ディックを主宰するプロデューサー、ビル・モトレイの発案によって生まれたグループ。1981年5月、シングル「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ/ディスコ・キックス」でデビュー。82年5月、2ndアルバム『君の瞳に恋してる〜ディスコ・キックス』からのシングル「君の瞳に恋してる」で大ブレイク。アメリカはもとより、イギリス、ヨーロッパ各国でヒット。特にここ日本では洋楽史上に残るほどの勢いでラジオ、ディスコ、有線、TVなどありとあらゆる放送メディアにおいて大ヒットを記録し、オリコン・シングル・チャートでもトップ10にランク・インする。元々この曲は67年フランキー・ヴァリ(フォー・シーズンズとしての活動も有名)によって全米2位を記録したポップ・ソングであったが、ボーイズ・タウン・ギャングのヴァージョンの方がその後幅広く認知されることとなり、オリジナルを完全に凌駕するナンバーとなっていく。
 その後カヴァーしたアーティストは数知れず。ペット・ショップ・ボーイズ、ZARD、椎名林檎、小比類巻かほる、Tommy february6(川瀬智子/the brilliant green)等々、数えきれ無い程である。またKINKI KIDSを始めジャニーズ系のコンサートの定番曲となったり、秀逸な日本タイトルもTVドラマの題名(89年、中山美穂主演)や、深田恭子の同名異曲にまで借用されるなど、こちらも話題に事欠かない。現在もTV CM曲として度々使用されており、今後もダンス・クラシックスとして、そして“日本ダンス・ミュージック史上最大のヒット曲”として、永遠に語り継がれていくに違いない。  *「THE GREATEST HITS OF BOYS TOWN GANG」ライナーノーツより抜粋